« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月 1日 (日)

「藝大アーツ in 東京丸の内公演」 は華やかに幕を閉じました

Rimg0029

丸の内合唱団 「藝大アーツin東京丸の内公演」は大熱演のなか、華やかに幕を閉じることができました。ご来場の皆様ありがとうございました。お楽しみいただけましたでしょうか。

丸の内合唱団にとって、オペラへの挑戦は初めてのことで、大変苦労も重ねましたが、それだけにとても楽しく、また手ごたえのある舞台を皆様にご覧いただけたのではないかと思います。

そして、お世話になった、東京藝大の方々、三菱地所関係者の皆様、本当にありがとうございました。この場を借りて、御礼申し上げます。

思えば、1年前に丸ビルで藝大アーツを聴きに行ったのが、今回の演奏会の始まりでした。そこで、藝大の瀧井教授と「運命的」な出会いをし、その場で出演が事実上決まったのです。

1年越しのプロジェクトを成功に導くように、神尾・鈴木両先生、実行委員、役員、そして団員の方々とともに手づくりで取り組んだプロジェクト。

大成功のうちに終了することができて、感無量です。

団員の皆さんのパワフルかつ楽しそうな歌声。美しい思い思いの衣装。

そして、過去最大規模の参加者であふれかえった懇親会での笑顔、笑顔、笑顔・・・・・

私がいつも提唱しているコンセプト、世の中のどの合唱団とも違う、丸の内合唱団らしいイベント、いや丸の内合唱団でなくては出来ない舞台だったと思います。

団員の皆さん、丸の内合唱団の団員であることに誇りを持ち、丸の内合唱団だからこそ出来るようなイベントをこれからも沢山手がけてゆきましょう!

次は、「友愛」つながりで・・・・首相官邸、いっそのこと国連での演奏会かもしれませんよ。

実行委員長  向原 通隆

追伸
このブログでは書けなかった事を、個人のブログにいずれアップします。ご覧ください。
http://muko-dono.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »