« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月15日 (金)

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2009盛況のうちに閉幕いたしました。

Lfj20091_29

LFJ2009 丸の内合唱団公演は無事終了いたしました。
ご来場の皆様ありがとうございました。

丸ビル・マルキューブでは、
大聖堂のようなすばらしい音響に包まれて、オルガン伴奏のもと、
弦楽器5重奏と総勢90名の合唱団員が、
とても柔らかな響ききで歌うことができました。
また翌日の国際フォーラム・リューベック広場は、
当団にとって念願の舞台であり、
音楽ファンの方々の前でのご披露はとても緊張いたしましたが、
ご来場の皆様に温かく見守って頂き、
無事演奏を終えることが出来ましたことを大変嬉しく思っております。

耳を傾けて頂く皆様に、
歌声に包まれる喜びを共感いただけるような合唱を目指して参ります。
今後とも丸の内合唱団をよろしくお願いいたします。

丸の内合唱団 団長 入江正和

52日(土) 丸ビル マルキューブで公演の様子

53日(日) 東京国際フォーラムでの公演の様子

当団にご興味を持たれました方はこちらまでご連絡をお待ちしております。

以下、団員の感想です。(随時アップしてまいります)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年もラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭が終わってしまいましたが、熱狂覚めやらぬままこの文章を書いています。

まずは、LFJ実行委員、打ち上げ幹事等の皆々様、有難うございました。
丸ガツとしては日常茶飯事なことですが、お蔭様で今回も他の合唱団では体験できないようなユニークな体験が出来ました。
昨年まではコンサート会場をはしごするのがGWの習慣になってたのが、今年は何とその晴れ舞台に演奏者として立てることになったのですから、テンションが上がるのも当然ですよね。しかし、本番前1ヶ月を切ってもBWV225の1曲目の音取りの呪縛から抜けられず、もがき苦しむ日々の連続。やはり今の自分にはバッハのモテットは無理かもとあきらめかけていました。それでも特訓を何度も重ねたこともあり、2日の丸ビルと3日の東京フォーラムの本番は、か弱い男声陣も強力な女声陣に助けられて、結構いける演奏に仕上がったのは、やはり「神尾マジック」のなせる業でしょうか。
(最近は「島田マジック」も加わったようで鬼に金棒ですね。美苗先生。「シマダと言うな!!!」)

これからも10月の藝大とのコラボ、年末の第九、そして来年のLFJなどイベントが続きますが、「神尾マジック」ばかりに頼らないように練習に励み、合唱団としてのステップアップが図れればいいなと思っています。その為にも新たな仲間(特に男声)が大勢入団してくれることを期待しています。男声に固執するのは、別にそちらの趣味と言うのではなく、バランス面からしても男声の充実は不可欠だと思うからです。私の丸ガツ入団時の第一印象は、ワーグナーの楽劇パルジファルに出てくる「花の乙女の乱舞する花園」のような輝きでした。(今も充分輝いています。)男性諸氏、百聞は一見にしかずと言う訳でもありませんが、是非一度見学にいらしてください。
女性の皆様、丸ガツは合唱経験の無い方も大歓迎です、気軽に見学にいらしてください。
来年のLFJのステージに立つのは、これを読んでいるそこの貴方かもしれません。

ここからはLFJ2009の個人的なこぼれ話。

53日は合唱団の打ち上げを早々に引き上げ、ミシェル・コルボ指揮の「ロ短調ミサ」を聴きに行きましたが、その演奏終了後にホテルに戻られる途中とおぼしきコルボ氏ご夫妻に遭遇。コルボ氏は足がご不自由で奥様が片時も離れず寄り添っておられましたが、そこへ女性ファンが一緒に写真を撮らせて欲しいと声をかけました。すると奥様は自分は写真に写らないようにとの気配りからコルボ氏から離れたのです。しかしコルボ氏から一緒に入るよう促されると素直にスナップに収まった後、お二人で有楽町の雑踏の中に・・・。コルボ氏の演奏に現れる「ぬくもり」「やすらぎ」が、ご夫婦の間にも感じられた一こまでした。
(
会場内で様々な演奏家と遭遇できるのもLFJの魅力ですよね。)

失敗談を1つ。チケットが取りづらいのはLFJの常ですが、今回たまたまいい席が取れたと思い友人3名分を含め購入したのが0歳児からのコンサートでした。出かけてみてビックリしたのが5000人収容のホールAが本当に0歳児からのガキども(おっと言葉を間違えた)お子様とそのファミリーばかりで終始泣き声の合唱の中ヴィヴァルディを聞く羽目に。この会場では少子化問題は現実味を失っていましたね。いつの日か孫でも出来たらつれて来ようかとは思いましたが、間違ってもカップルの方はチケットを購入しないようにご用心ご用心。

世界の○○○○に全然似ていないオジサン

音楽ブログランキング合唱団宣伝の為クリックをお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »