« フランク永井さんを偲ぶ会へ参列 | トップページ | 5/2・5/3 演奏会のお知らせ »

2009年3月28日 (土)

『丸の内OLサミット with YUMING』に参加

ユーミンこと松任谷由実さんの約3年振りのオリジナルアルバム『そしてもう一度夢見るだろう』が4月8日に発売されることを記念して、3月23日~4月10日に丸の内で繰り広げられているイベント『Yuming In Marunouchi 』。

        1

          丸の内はユーミン一色

その初日に行われた『Suono Dolce丸の内OLサミット with Yuming』に、丸の内合唱団の中から女性50名が参加し、ユーミンとコラボレーションが実現しました。

本番に先駆けてニッポン放送で行われた、ユーミンとの最初で最後の音合わせ。

短期間での仕上げに、空き時間でもパートごとに熱心に音を確認し合うような合唱団の不安と緊張は、ユーミンの登場により一瞬にしてものすごい一体感に変わってしまいました。リハーサルにも関わらず一人一人の目を見ながら熱唱して下さり、団員はその輝くオーラを肌で感じ、本番の成功を確信しました!私たちはあの夢のような幸せな時間をずっと忘れることはないでしょう。

本番のステージは丸の内合唱団のホームグランドでもある東京・丸ビル1F「マルキューブ」。

イベントの前半は観覧に当選したOL100名と一緒にガールズトークに参加。OLならではの悩み相談室となりました。

後半はいよいよユーミンと丸の内合唱団によるコラボ!

     2

寒の戻りで冷え込む会場は予想外で、ちゃんと声がでるのか不安になった団員も多くいました。そして緊張でさらに硬い表情に…。しかし、ユーミンのあふれるような笑顔でのエールやジョークで、合唱団の顔は花が咲いたように一気に明るくなりました。

【披露曲】

まずは「春よ、来い」を合唱団のみで披露。ユーミンは舞台下のOLに混ざって観客として聴いてくださっていました。歌っている舞台上からはユーミンの表情を見ることができませんでしたが、きっと一緒に歌ってくれていたはずです!

2曲目はユーミンと合唱団で「卒業写真」。この頃から、歌いながら感動して涙ぐんでいる団員や観客もちらほら。

最後の曲は、会場に集結した全員で「守ってあげたい」を熱唱。メロディーを歌うユーミンと観客に合わせて合唱団のハーモニーがマルキューブ全体に響き渡りました。

誰しもが懐かしく感じたであろう3曲。青春時代(?)を思い出しながら歌う、ユーミンと合唱団そして丸キューブの観客。全員が一体となって音を奏でるこのひと時が、夢のような幸せな時間であったことを、その場にいた誰しもが感じたのではないでしょうか。このような素晴らしい機会に出会えたこと、心から嬉しく思います。

http://www.suono.jp/

http://www.suono.jp/topics/2009/03/post-12.html

◆この模様は、

 4月6日(月)18:00~21:00

 『 Suono Dolce/TokyoAfter6 』のスペシャルとして放送予定です。

  視聴方法はこちら →  http://www.suono.jp/register/

今回のイベント参加に際し、ご多忙にも関わらず音合わせに駆けつけて合唱団にパワーを下さったユーミン、多大なるご協力そして練習会場をご提供下さった三菱地所ビルマネジメント様とニッポン放送様に、心より御礼申し上げます。

最後に、前日も別のイベント本番だった神尾先生と美苗先生には、タイトなスケジュールにも関わらず編曲から連日の練習までお付き合い下さり、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします!

     3

また、この晴れやかな舞台を影で支えてくださった、団長はじめ、役員の皆さん、次に控えているラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのための貴重な練習時間をこのイベントのために分けてくださっただけでなく、舞台を見守ってくださった、多くの団員の皆さん、本当にありがとうございました。

   4

お土産にいただいた氷結アペリティフ“ワイン用のぶどうで作られたとか。

おいしくてお勧めです。

音楽ブログランキング合唱団宣伝の為クリックをお願いいたします。

|

« フランク永井さんを偲ぶ会へ参列 | トップページ | 5/2・5/3 演奏会のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『丸の内OLサミット with YUMING』に参加:

« フランク永井さんを偲ぶ会へ参列 | トップページ | 5/2・5/3 演奏会のお知らせ »